コロナウィルスによる社会変化-*チャンスを見逃すな

スポンサーリンク
コロナウィルスLife

2月27日の厚生労働省のレポートによると日本国内でのコロナウィルスの感染者は2,058人になりました。3月、4月とさらなる感染が見込まれ、できるだけ感染を広げない為の策を練らなければいけません。



コロナウィルスが蔓延し始めた今、日用品を買いだめして家にこもる人も多いのではないだろうか? 今後もコロナウィルスの感染は拡大し、会社の自宅勤務化やアミューズメント施設の休園などがどんどん進んでいくと思われます。そのような中であなたは何をしますか??



いつもの休日のようにだらだらテレビを見て時間をつぶすか、これからの流れを考え勉強のために費やすかはあなた次第です。

コロナウィルス概要

コロナウィルスって結局何なの?

今後も感染が拡大するみたいだし不安だわ

コロナウィルスとは、人由来の4種のウィルスと動物由来の3種のウィルスが確認されています。人間由来のウィルスは、一般的に風邪といわれ多くは軽症で済みます。



それに対し、今回の新型コロナウィルスは、動物由来のウィルスとなり、2002年に中国広東省で発生しました。



新型コロナウィルスは、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス(SARS-CoV)の類縁疾患にあたります。



SARS-CoVは2002年の11月に発生し、2003年の8月まで感染がみられました。それに対し新型コロナウィルスは2019年の12月に発生し、今後も長期的に感染が進む恐れがあります。



また、新型コロナウィルスは、SARS-CoVに比べ感染力が高く体力のない年配の方や幼児が感染するとに至るのでかなりの注意が必要です。

コロナウィルスの感染源

新型コロナウィルスの遺伝子配列がコウモリ由来のSARS-CoVに近いことから感染源はコウモリではないかと考えられていま。


今回の発生源の武漢市ではコウモリネズミヘビなどの野生生物を食す分化があるため、その他の野生生物の可能性も専門家内で意見されている項目です。



また、武漢市にはウィルス研究所がありそこから漏れたのではないかという意見もあり、実際のところ中国では何度かウィルスが流出する事件が起きていました。

コロナウィルスの感染方法

現時点では、飛沫感染と接触感染の2つであるとされています。



飛沫感染:感染者のくしゃみや咳、つば などと一緒にウイルスが放出され、そのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染する。


※ウィルスはくしゃみや咳によって、時速約300㎞で3m飛ぶとされているので体調の悪そうな人には近づかないことが大切です。



接触感染:感染者がくしゃみや咳を手で押さえた手で周りの物に触れるとウィルスが付着し、その部分に接触するとウイルスが感染者に直接接触しなくても感染する。

コロナウィルスの感染を防ぐ

コロナウィルスの概要はわかったけど、手洗いうがい以外にどのように対策をすべきなの??

外に出るときはマスクを着けて人込みを避けたほうがいいって聞いたわよ

コロナウィルス感染が拡大していく中、自分の身は自分で守っていかないといけません。そのためには、どのような対策をすべきか知っておく必要があります。



一般的に言われる手洗いうがいやマスクの着用、アルコール消毒などが言われます。そのようなコロナウィルスに限らずインフルエンザなどにも役立つ対策を書いていきます。

コロナウィルスの個人対策

テレビでも多くの報道がされて、全国民がマスク着用と手洗いうがいを意識し始めました。そのような中であまり知られていない事実を書かせていただきます。

マスクは予防にはならない??

マスクを着けている多くはコロナウィルスやインフルエンザの予防としてつけることが多いですが一概に予防になっているとは言えないという事です。



確かに飛沫感染の多少は防ぐことは可能ですが、もともとマスクの繊維よりウイルスのほうが小さいためマスクを100%信用するのは危険です。



マスク着用による予防効果は大体10%程度と思うようにしましょう!といってもマスクをしないよりはしたほうが予防にはなるのでマスク着用は大切です。

手洗いは念入りにしてはいけない??

コロナウィルスの感染が広がるにつれて対策として手洗いうがいを徹底付けましょうというテレビをよく見かけるようになりました。しかし、こちらも一概に正しいという事ではありません。



人間の皮膚には、表皮ブドウ球菌や黄色ブドウ球菌などの約10種類以上もの「皮膚常在菌」という細菌がいて、僕たちの皮膚を守っています。



常在菌は僕たちの健康にとって、とても重要な役目を果たしています。常在菌は弱酸性の脂肪酸を作り出し、病原体が付着するのを防ぐバリアとして働いているのです。



念入りに手を洗うという行為はこの常在菌も殺してしまう恐れがあるので手洗いは必要ですが過度になりす義る必要はありません、いつもより少しだけ気にする程度の手洗いうがいを心がけましょう!

アルコール消毒は手だけでなくマスクにも??

上記で書いたように、手を清潔に心掛けすぎるのもかえって免疫を下げてしまうことになります。アルコールも同じく数十分おきなどに念入りにアルコール消毒をしてしまうと常在菌が死滅してしまいます。多くても数時間単位で心掛けましょう。



また、先ほど書いたマスクの予防効果を高めるためにアルコール消毒液をスプレーとして1、2回振りかけるのがお勧めです。マスクの繊維を通り抜けるウイルスがアルコールによって分解される効果が見込まれます!



是非、アルコールを持ち歩きましょう!

人が多いところを避ける

コロナウィルスは潜伏期間が長いため、自分が感染しているのか実感がないまま普通に生活してしまうというここで感染は急激に加速しています。



コロナウィルスの感染者が増えるにつれて、潜伏期間者も増えるので人が多いところはとても危険な魔所となってきます。本当に重要な用事でない限り、長期間の外出と人が多いところは避けたほうがいいです。

コロナウィルスは個々の成長に絶好のチャンス

コロナウィルス心配で有給取りたいけど迷惑かけちゃうな。。。

テレワークの自宅勤務になったからいつもより時間あるしちょっとのんびりできるわ。

この状況をどう見れるかが今後の生活のカギになるかもしれません。休みになったからラッキーとみるか、自分の働き方を考え直さないと今後まずいとみるか。捉え方ひとつで 未来は大きく変わります。



また、有給を取ると周りに迷惑をかけてしまうから休めないという人が多いと聞きました。



仕事より大切なものはたくさんありますのでまずは自分の身を守る行動をとりましょう!また、会社のトップが休みを取りやすい環境づくりが大切になってくると思いました。

休むは良いが無駄にしてはいけない

コロナウィルスの感染拡大により自宅で過ごす人が多くなると思います。そんな中で自分の成長のためにどれだけ時間を使えるか自分に問いかける必要があると思います。



副業が解禁され、働き方改革で夜の時間がとりやすくなりつつ、今コロナウィルスで好きな時間に働けるようになりつつあります。



このような状況で将来の自分のため夢のためにどれだけ時間を使えることができてますか?自分らしい生き方ができるように努力してますか?



変化を怖がり続けると一生そのままの人生を歩むことになります。現状維持は退化だと誰かが言ってました。成功者は誰もが言ってました。



この時間を活かしてあなたも新しいチャレンジ始めてみませんか?

 ”Disneyland will never be completed.
It will continue to grow as long as there is imagination left in the world.

Maintain the current situation is just go backwards.”
”ディズニーランドはいつまでも未完成である。
この世に創造力があるかぎり成長し続ける。
現状維持では退化するばかりである。”

ーウォルト・ディズニー
He who moves not forward, goes backward.”
”前に進まない人は後退をしているんだよ”

―ゲーテ―

ピンチをチャンスに変えろ

何事も変化が起きるときはストレスがかかるものです。僕は2020年4月から新社会人として世に出ます。もちろん不安やストレスがかかります。



今でさえ不安があるので仕事が始まるとピンチの連続でしょう。ですがここで向き合えるか逃げるかで成功の道は大きく変わると思います。



全日本人において今はこのようなピンチ的状況なのではないでしょうか?学校が急遽休みになり、卒業式も中止、アミューズメント施設の閉鎖、コロナウィルスの感染者の増加、インフルエンザの死亡者増加、仕事の自宅勤務、株価下落が進んでる中であなたは安全といえますか?



このピンチを活かして自分の将来のためにできることは色々あると思います。僕は、このピンチの中で手探りながらブログ、Twitter、noteでの発信、物販での安定した収入源の確保、4月からの仕事のための在宅ワークに優れたCADとBIMの勉強を進めて行きたいと思っています。



もう一度問います。この休みの間あなたは何をしますか?

社会の変化は行動のチャンス

社会は変わり続けていくものです。安定はあり得ません。



何が起きるかわからない中で今回のようなコロナウィルスの蔓延などの目に見える社会の変化は多くの人を新しい挑戦に導きます。



そのような中で失敗を恐れず突き進むことができる人材が本当の成功者になれるのではないかと考えます。



失敗は成功の母、今が変わるチャンスです!一緒に頑張りましょう!

コメント